自動車保険の種類と内容についてご紹介。

自動車保険の加入者数 自動車保険は比較してから

自動車保険の種類と内容についてご紹介。





      

自動車保険の加入者数

現在、実に8,000万台が一般人によって所有されていると言われる、自動車。
日本だけでなく、世界各国において、生活必需品となっています。

そんな自動車には自動車保険が付きものですが、果たしてどれくらいの人数が保険に加入しているのでしょうか。
保険に入るかどうか悩んでいる人にとって、比較材料となるこの数字を見ていきます。


ドレスアップカー高額査定!

車高く買い取る!ハナテンの直販方式

まず、自動車保険を対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、車両保険という4つのグループに分けます。
対人賠償というのは、対人事故を起こした場合に保険金がおりる自動車保険です。
対物賠償は、他の自動車やガードレールなどに衝突し、物損事故を起こした場合。
搭乗者傷害は、自分の乗っている車に同乗している人を怪我させた場合。
車両は、車自体の破損を補填する保険ですね。

これらのグループにおける保険加入の割合は、「対人賠償」が全体の73%、「対物賠償」が73%、「搭乗者傷害」が58%、「車両」が40%となっています。
この数字を見てもわかるように、自動車保険は基本、対人と対物の保険に加入し、後はそれぞれの好みで加入を決めるという形が一般的です。
やはり、自分以外を傷付けてしまった場合の補償に重きが置かれています。

また、都道府県別で比較すると、自動車保険の加入者が最も少ないのは、沖縄県です。
大らかな県民性もありますが、沖縄は交通事故の発生件数も少ないので、危機意識に欠けている点があるのかもしれません。


Copyright (C) 2015 自動車保険は比較してから All Rights Reserved.


中古車査定の裏技 中古車査定の裏技 カーナビの本命はこれ 自動車保険は比較してから 中古車選びの決め手 車の査定で損をしないために 自動車保険の選び方