自動車保険の種類と内容についてご紹介。

等級制度をチェックしよう 自動車保険は比較してから

自動車保険の種類と内容についてご紹介。





      

等級制度をチェックしよう

見積もりを行う上で、重要な要素はいくつもありますが、既に自動車保険に加入している場合は、「等級」という制度も重要となってきます。
この等級とは、簡単にいえば「ドライバーの優良度」です。
つまり、そのドライバーがどれだけの事故実績を持っているかという証明になります。

等級は一般的に1〜20等級まであり、一部の保険会社等では22等級まで用意されています。
数字が大きいほど無事故の期間が長く、優良ドライバーの証となります。
任意保険に加入した場合、最初は6等級からスタートし、それから1年の間、無事故で過ごせば、ひとつずつ等級が上がっていくというシステムになっています。

等級が上がった際のメリットは、保険料の割引率の増加です。
等級が上という事は、それだけ事故を起こさないドライバーという事で、その分保険料を割り引くという事ですね。
よって、無事故を何年も続ければ、保険料は当初の契約時より安くなります。

一方、事故を起こしてしまい、保険金がおりると、等級が一度に3つ落ちます。



当然その分保険料も高くなります。
また、悪質な事故や保険金が多くおりるような事故の場合でも、一律3等級のダウンです。
事故の規模より回数の方が、大きく響く事になります。

自動車保険における等級のシステム自体は、どの保険会社も共通です。
ですが、各等級における割増引率は異なります。
そのため、保険会社を比較検討する場合は、この割増引率が判断基準のひとつとなります。
自分が事故を起こさない自信があれば、各会社をしっかり比較し、等級が上がる程割引率がより高くなる所を選ぶと良いでしょう。


Copyright (C) 2015 自動車保険は比較してから All Rights Reserved.


中古車査定の裏技 自動車保険の選び方 中古車査定の裏技 カーナビの本命はこれ 中古車選びの決め手 車の査定で損をしないために 自動車保険は比較してから